ダイエットで皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の解消 - ダイエットは健康に気をつけて

モーションウイジェット

ダイエットで皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の解消

肌をつかんで見る、特にお腹とか、脇腹などはをつかんで
見るとよくわかるのですが、つまんだ時のむ厚みが肥満の
指針になります、このつまんだ処が皮下組織で体表に近く
外部からの衝撃に対する緩衝役としての働きもあります。


この皮下脂肪が有酸素運動などで消費されずに同じ場所
に残ってしまうとセルライトになりやすいので、それを解消するために
ダイエットに取り組んだ方もいるようです。

皮膚がたるんできて、脂肪が蓄えられている様子が目立ってくるのが
皮下脂肪型肥満です。


内臓脂肪と皮下脂肪はどちらも皮下脂肪ですがその性質は違い
皮膚の下にあるのが皮下脂肪です。

ダイエットを始めるきっかけの一つに皮下脂肪が増えて体重の増加
そのおかげで間接部に過度の負担が行き、関節炎を引き起こしたのが
きっかけの方もいるようです。

内臓脂肪はその名のとおり内臓につく脂肪です。
内臓の周りの脂肪は確認するのが出来ません、内蔵脂肪は蓄積される
のが早いのですが、消費して分解されるのも早いのです。

このように皮下脂肪と内臓脂肪の2種類が体脂肪とよばれているのです。

男性と女性では多内臓脂肪のつき方も違ってくるようです、性格上
男性は力を蓄える必要があるので、内臓脂肪が付きやすく、女性は
つきにくいようです。

内臓脂肪型肥満を放置すると、高血圧や動脈硬化の原因にも
なります、体調不良をおこさないためにも健康管理をかねて
ダイエットがのぞまれますね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 3日で痩せたい  |  下半身ダイエットには有酸素運動 »
Copyright © ダイエットは健康に気をつけて All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。